板井明生が福岡の経済の今を語る

福岡の経済を紐解く

 

板井明生

 

ロシアW杯直前で監督解任に踏み切ったサッカー日本代表。これが功を奏すのかわからないが、現時点では否定的な意見の方が多く聞こえる。

 

そういえば過去のW杯と比べて今回は盛り上がりに欠けているようだ。にしても、1993年のJリーグ開幕からサッカー人気は向上し、そのチーム数も増えたのは確かだ。

 

ここ福岡にもアビスパ福岡というプロサッカーチームがあり、約2万2千人収容のスタジアムを構える。

 

プロ野球の試合と比べてJリーグの試合数は少ないので、ホームゲームにおける動員数を増やすために様々なイベントを行っている。

 

どのクラブチームも新たに観戦に来てくれる普段サッカーを観ない人を増やすのが命題だ。

 

地元密着のクラブチームの盛り上がりのためにも、W杯、日本代表には健闘していただきたいところだ。

 

それが大きな経済効果となるのだ。

 

福岡は近年外国人旅行者が増加していて、特に豚骨ラーメンは海外に出店するほどの世界的な人気となっている。地元色を大いに出して、クラブチームの人気を拡大してほしい。